slogan

モダンライア

 

ライア、もしくは古くは「「リラ」と呼ばれた、この楽器は私たちの知りうる限り、もっとも古い弦楽器です。そのルーツは5000年ほど前のバビロニアの時代にまでさかのぼります。

しかし、このモダンライアはとても新しい楽器で、生まれてからまだ84年しかたっていません。

音楽家であるエドムント・プラハトと芸術家であるW・ローター・ゲルトナーの共同作業によって1926年に新たな時代の中へもたらされました。

私たちの工房では、1980年よりこのモダンライアを、さまざまなサイズと音域で制作しています。

私たちが制作しているのは、

バスライア,テノールライア, アルトライア, ソロアルトライア, ソプラノライア, ソロソプラノライア小型ソプラノライア それにキンダーハープ類です。古いライア類と区別するために、これらのライアをモダンライアと呼んでいます。

私たちのライアは一般的な音楽、現代音楽、音楽教育、音楽療法、オーケストラ、その他いろんな分野で使われています。

これらの楽器を皆さんに紹介したいと思います。

ホルスト・ニーダー

(弦楽器製作マイスター)